ショスタコーヴィチ

今年はモーツァルト生誕250年という事で各地でイベントが続いているみたいですが、シューマンの没後150年の年でもあり、6月27日に東京芸大でシューマンの唯一のオペラ「ゲノフェーファ(Genoveva)」の日本での初公演が行われたそうです。
http://diary.jp.aol.com/rwkwszjhz/35.html
今秋は交響曲「革命」で有名なショスタコーヴィチ生誕100年にも当たります。
私としては20世紀最大の作曲家だと思っています(笑)
意外と知られていませんが彼は1927年の第1回ショパンコンクールで第2位入選の経歴を持っています。


彼の作品で私が一番好んでるのは、弦楽四重奏曲第4番ニ短調、弦楽四重奏曲第6番ト長調、交響曲第1番ヘ短調、交響曲第5番ニ短調(俗称:革命)、弦楽5重奏曲ト短調、ピアノトリオ第2番ホ短調、チェロソナタニ短調、オラトリオ「森の歌」、アニメ映画音楽「司祭とその下男バルダの物語」、「クルィローフの2つの寓話」です。
他の作品も素晴しいですがキリが無いのでこのあたりで・・・
で、聴いたことが無いので一度聴いてみたい曲が「日本人の詩人の詩による6つの歌曲」と「ブロークの詩による7つの歌」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です