バルトロメオ・デ・セルマ

バルトロメオ・デ・セルマの1638年出版の作品Canzon a doi Basso e soprano, Prima, Op1-11をMIDI化してみました。実は、いつもの事ですが聴いた事のない曲なのでテンポもわかりません・・・・・汗
聴いてみておかしな部分があったらご指摘お願いしますm(。_。;))m ペコペコ…
1曲前のop1-10がFantasia per fagotto soloというタイトルの通奏低音付きの独奏曲だったので低音楽器は恐らくファゴットでいいのじゃないかな?と思ってファゴットにしてみました。あと高音域楽器にはリコーダーやオーボエ族の楽器を想定して作曲したような気もするのですが、私の趣味でバイオリンを使いました。(この時代は楽器は特にこだわってなかったのもあるのでシビアに考えなくていいんだけど・・・・)
あと2箇所ほどバイオリンのリズムを変更しています(恐らく楽譜側の記述ミス)。
XG音源用のMIDIなのでまともに聴こえてる人は少ないかもしれないけど・・・・・聴いてみてくださいw

コメントを残す