私のMIDIの作成手順

1:まず楽譜を用意

今回の楽譜はH.パーセルのオペラ「Dido and Aenias」の第3幕から「水兵のダンス」。

score

2:とりあえず楽譜をそのままMIDIに。

音色は上からViolin、Violin、Viola、Celloを選択。

step1

聴いてみる : MIDI / MP3(途中まで)

3:べた演奏では変なので、スタッカートを入れてみる。

(スタッカートを入れた音符は自動で音価を50%の長さに修正するようにシーケンサソフトの設定をしています。)

聴いてみる :MIDI / MP3(途中まで)

4:楽譜のBaaso continuoの部分が実際の演奏形態になるように

シーケンスを一段追加してCelloの音符を丸ごとコピーしてHarpsichord(cembaro)の音色にしてチェンバロの右手部分も加える。
その後、さらにシーケンスをもう一段追加してCelloのパートの音符をコピー&ペーストしてからすべて1オクターブ下げ、Doublebase(Contrabass)の音色に。
(Doublebaseは楽譜上の音よりも1オクターブ下の音が実音になるため)
最後にテンポを曲に合った速さに修正。それでおしまい(笑)
step3

完成したものを聞いてみる?

通常はここまででおしまいなのですが、ダンスなので打楽器があったほうが雰囲気がよく出るのでは?と思ったので太鼓とタンバリンを追加。ヾ(–;)ぉぃぉぃ

最終的にこうなりました(笑)

コメントを残す