サイト開設10周年に向けて

早いもので、今年2009年の8月1日で flos musicae のサイト開設から10周年を迎えます。
10周年という節目ということもありまして、感謝の気持ちを込めて10曲の小品で構成されるピアノ曲集を作曲してみることにしました。(まだ半年ありますが今から・・・・)
そこで、曲を聴いたイメージから曲のタイトルを募集したいと思っていますのでお気軽に曲のタイトルをメールかコメントで投稿してくだされば幸いです。
よろしくお願いしますm(_ _”m)ペコリ

第1曲:(無題) (2009.01.15)
第2曲:(無題) (2009.01.15)
第3曲:(無題) (2009.01.16)
第4曲:(無題) (2009.01.16)
第5曲:(無題) (2009.01.18)
第6曲:(無題) (2009.01.18)
第7曲:(無題) (2009.01.19)
第8曲:(無題) (2009.01.19) ハノン教則本のパロディ
第9曲:鞠つき (2009.02.02) 同名のオリジナル曲からピアノ用に編曲
第10曲:(無題) (2009.02.04)

曲は子供が弾けるように難しくならないように気をつけています(怪しい?)
不協和音を一部の曲で多用してますが、現代曲としては少ないほうだと思っています。(現代曲といっても無調音楽ではありませんw)
このような曲ですが、何かに使っていただけたらと・・・・
相変わらず下手な曲ですが~(=^‥^A アセアセ・・・
それから、ピアノが弾ける方にお願いがあります。
私はピアノが弾けないので、pdfファイルから楽譜を印刷して実際に弾いてみて、どんな感じになるのか、いろいろ教えていただけたら嬉しいです。
(多分MIDIとはまったく違った印象になると思います・・・)

2009-08-07公開中止(MIDI非公開)
2009-02-04更新
2009-02-02更新
2009-01-19更新

コメント 5

  • 直感的に作ってみました。
    1.僕の気持ち
    2.なんでだろう
    3.いつも、いつも
    4.うれしいな
    この続きも楽しみにしています。

  • 最初の曲は「こねこの散歩」みたい
    次のは「枯れ葉の舞」
    そして、「空虚」
    最後は、フォークダンスをしてた頃を思い出しました。「浸り」
    みたいな?

  • 1.黄昏の木漏れ日
    軽やかなイメージですがどことなく刹那さを感じました。
    2.ダンスレッスン
    軽やかな右手とンチャーチャのリズム感がダンスを彷彿とさせました
    3.夕暮れ
    1日がふけてゆくような余韻と静けさを感じました。
    4.おたんじょうびのワルツ
    楽しさを彷彿とさせるリズム感とわくわくしてくるような
    楽しい旋律が誕生日に一致しました。
    5.失恋
    とにかく寂しさと落ち込んだような印象だったんで・・・
    ただ悲しいだけじゃなくこれからに向けた気持ちも
    垣間見ることが出来た気がします。
    6.登校日
    あまり具体的なイメージは浮かばなかったんですが、何かが
    始まる。始まることに対しての意気込みみたいなのを
    感じました。
    7.ゆりかご
    う~んこれも難しい・・・イメージとしては2拍子の反復が
    いかにもゆれているような感じがしたんですよ。
    8.おにごっこ
    おいかけっこをしているイメージがしました。
    いろんなイメージのピアノ曲があり楽しめました。
    これが題名がないのが信じられないくらいです。

  • 投稿いただきましてありがとうございます。
    7月まで時間がありますので、皆様の投稿を元にゆっくり題名を決めようと考えています。
    皆様それぞれ曲から感じた印象が違うので、驚きの反面、とても興味を持っています。
    もう少し他の方の意見も聞いてみたいので、引き続き投稿よろしくお願いします。m(_ _”m)ペコリ

  • こんにちは。Mikerasです。
     とても素敵なピアノ曲集ですね。私もピアノ曲を作っていますので、とてもよい参考になります。Claraさんらしい美しさに満ち溢れています。ロマン派、印象派の要素の中に、中世やジャパネスクのエッセンスも感じられて、心にジーンと来ます。
     私も曲のタイトルを考えてみました。
    1、風雅でユーモラスな舞曲 ~森の中の精霊~
    (ユーモラスでありながら、和風な優雅さを感じさせます)
    2、軽快で神秘的な舞曲 ~森を駆ける少女~
    (軽やかな曲想と不思議なメロディが程よくマッチしています)
    3、間奏曲 ~I cry for you~
    (とても繊細な哀愁を感じることが出来ます)
    4、明るく優美な舞曲 ~港町の娘の愛の歌~
    (明るい旋律と、途中の少し戸惑ったような短調の旋律の対比が素敵ですね。)
    5、エレジー風の無言歌 ~Transparent rain~
    (全体的に悲しみを感じますが、不思議な響きがとても印象的です。)
    6、ちょっと風変わりな舞曲 ~精霊たちの舞踏会~
    (白黒映画の舞踏会のシーンのBGMのような旋律ですが、だんだんと不思議な旋律になっていくところが素敵です)
    7、間奏曲 ~My wish~
    (何かを祈るような憧れに満ちた長調の旋律と、悲願するような短調の旋律の対比がとても素敵です。)
    8、気まぐれで優美な舞曲 ~森の中の演奏会~
    (とても面白い曲です。ハノンのパロディだと知らない人にとっても楽しめる曲だと思います。)
    9、ジャパネスクなマズルカ ~鞠つき~
    (三拍子で日本の遊びを表現すること自体斬新で、軽快な中にある哀愁がとても素敵です。)
    10、あっという間のフィナーレ ~今までの回想~
    (物凄く陽気な部分と、哀愁のある部分の対比が素敵。)
    とりあえずこのような感じにしてみましたが、如何でしょうか?
     Claraさんはバロック的な曲もこの現代的な曲も旋律が物凄く綺麗で素敵だと思います。これからもこういった曲をお作りになってくださいね。
     私も風泉さんのHPの”ぽんぽこ亭道場”に新曲のピアノ曲集を投稿しましたのでよろしくお願いいたします。