Üsküdara gideriken

知り合いのサイトで気になっていた曲の原詩をネット上で発見。
そのページは文字コードがシフトJISなので一部の文字を画像で代用してましたのを、参照文字列を使って表示させてみました。
古いブラウザでは表示されないかも。

Üsküdara gideriken aldda bir yağmur:
Kâtibimin setiresi uzun eteği çamur.
Kâtip uykudan uyanmış gözleri mahmur,
Kâtip benim ben kâtibin elne karşır?
Kâtibime kulal da gömlek ne güzel yakışır!

歌詞はhttp://homepage1.nifty.com/forty-sixer/usukudara.htmからの引用
日本では「ウスクダラ」という曲名で知られていますが、参照元のページに書いてあるように「Ü」など、ウムラウト付きの母音がドイツ語の発音と同じなのであれば、「Ü」は「u」の口の形で「i」と発音する事になるので「イスキダラ」となるのかな?

Üsküdara gideriken」への4件のフィードバック

  1. いい加減だったかは判りません。
    例えドイツ語と同じ発音をするにしても日本語にはその母音は存在しないので表現が無理なので江利チエミさんの発音のほうがが近いかもしれませんし・・・
    私はトルコ語そのものも知りません(笑)
    それにしてもこの曲の旋律とてもいいですね・・・
    私もこのトルコ民謡を編曲してみようかしら。

  2. 厳密には違う音ですが、ドイツ語やトルコ語のüは「ユ」で書きます。ですのでリンク先ページのトルコ語詞の振り仮名にあるようにÜsküdaraは「ユスキュダラ」と書くのが最も近いです。
    キングレコードから出ているCDの表記では「ウシュクダラ」になっています。が、同CDの曲を聞いてみてもまず「シュ」には聞こえないです(^^;
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00005F80R

  3. Leuさんコメントをありがとうございます。
    参考になりました。
    また色々教えてください~~m(_ _”m)ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です