MIDI規格の違い

GS/XGの音色マッピング(バンク・セレクトとプログラム・チェンジ)
http://www.izmi.jp/sol/glossary/gsxg/gsxgbank.html
これを見て頂きましたら、XGとGSではMSBとLSBの挙動に互換性が無いのが理解できると思います。
XGのドラムパートはMSB=126及びMSB127であればどこのトラック(チャンネル)でもドラムになります。逆にGSではch10が初期値でドラムパートですがXGではch10がMSBやLSBを受信してしまうとMSBがドラムセットの値では無かった場合にノーマル・ボイスと判断されてしまいますので、GM規格内でXG,GSどちらでも聴けるように作るかたは、ドラムパートをch10にして、尚且つMSB(control0)、LSB(control32)は書かないのがいいと思います(笑)
たまにGMとして掲載されてるMIDIを聴くとドラムが他の楽器になってるのをたまに見かけます・・・・中身を見たらやはりMSB、LSBがありました・・・・・「GSじゃんか~~」という心の中での叫びが(笑)
XGは肩身が狭い?(涙)

コメントを残す